IOFT国際眼鏡展に元ラグビー日本代表キャプテン林氏ご来場!

IOFT国際眼鏡展に元ラグビー日本代表キャプテン林氏ご来場!
ラグビーブランドのRhino eyewearが日本上陸し、リリースイベントとなった「IOFT国際眼鏡展」。
Rhino eyewearのブースには今回、スペシャルゲストとして、元ラグビー日本代表キャプテンの林敏之氏をお迎えいたしました。

 

林氏にお会いするのは、2017年11月RHINOアジアMT以来、2回目。
ご来場された瞬間から体の迫力に圧倒されるも、同時に林氏の気さくで穏やかな笑顔がとても印象的。リリース前にお渡ししていたクラシックスタンダード

モデルを早速掛けていただいておりました。紳士のスポーツと言われるラグビーの元選手、我々に細かい配慮と気遣いを忘れない姿は、まさに「紳士」。

 

展示していたライノのラグビーボールを手に取り、ロゴをバックにして、笑顔で写真撮影に応じていただきました。会場にいらしたラグビー経験者が「ファンなんです、ぜひ一緒に写真を摂らせてください!」と言った言葉にも笑顔で応じ、撮影後、握手を交わされておりました。

 

 

商品を拝見いただき、改めてサングラスのレンズ(クラシックスタンダードモデル)が黄色の光をカットする事で、緑色や赤色が見やすくなり、陰影が生まれる旨を説明。

 

 

「ラグビー場の芝生の緑が生えますね。」と一言。

Rhino eyewearのレンズを通して観える世界は鮮やかである。

ということを実感していただきました。

 

「ラグビーワールドカップ2019は、日本開催であるものの、アジア初となることをもっと世の中の人に知って欲しい。それがどれだけすごく、そこまで、日本のラグビーが強くなってきたことを、皆さんに感じてとっ
て欲しい。」

と林氏。

「是非、ラグビーワールドカップを会場で見て、ぶつかり合いの音の凄さ、世界レベルを眼に焼き付け、感じて欲しい。日本代表がさらに強くなることがもちろん大事、日本中が盛り上がる。やはり、ベスト8まではいって欲しいし、その力・可能性は感じさせるチームである。」

と、ラグビーの話になると、一気に熱がこみ上げ、情熱が伝わってきました。

 

 

Rhino eyewearはそんなラグビーをはじめ、

スポーツを愛するサポーターのために作られたサングラスです。

スポーツに寄りすぎず、お洒落でありがなら機能にこだわったRhino eyewearは、ラグビーワールドカップ2019年を応援しています。

 

林さん、お忙しい中ご来場ありがとうございました!